更新日
2022年9月14日

美肌のためのスキンケア:秋

By Lauren Mezière エタピュール日本公式サイト
シェアする
1 minute
秋からの美肌 画像

肌にとって秋は、強い紫外線の夏に別れを告げ、
乾燥する冬に備える大切な時期。
また、1年で最も肌のエイジングが進む時期と言われています。
なぜ、秋にエイジングは進んでしまうのでしょうか。
そして美肌を保つために、秋にどのようなスキンケアを
するのがよいのでしょうか。

秋に感じる肌の不調の多くは、夏に大量に浴びた強い紫外線の影響によるものが考えられます。

たとえば、突然あらわれるシミ。これは夏に浴びた紫外線のダメージが原因です。夏の強い紫外線は、肌の内側に過剰なメラニンを発生させますが、この蓄積されたメラニンは肌のターンオーバーにより肌の表面に上がっていきます。肌のターンオーバーは平均28日と言われており、そのため夏のダメージは秋頃にあらわれ始めると言われています。

また、夏に紫外線を大量に浴びると、紫外線によるダメージで角質が厚くなり、肌のくすみを引き起こします。さらに、紫外線は肌を乾燥させます。そのため、肌の内側が水分不足に陥り、ボリュームが減ることでハリが低下します。そしてハリの低下によって、肌のたるみや毛穴も目立つようになってしまいます。

 紫外線以外による肌の調子の変化もあります。例えば、秋になると、気温も湿度も下がってきますが、急激な気温の変化や空気の乾燥は、さらに肌を乾燥させ血流も悪くします。血流が悪くなると、お肌に十分な栄養が届かなくなり、さらに乾燥が進み、肌のエイジングを加速させると言われています。

夏に受けたダメージによって肌が不調を感じやすい、季節の変わり目の秋。健康な肌をキープするためには、どのようなケアをすればよいのでしょうか?

 

秋のスキンケアは角質ケアと水分補給、くすみケアがポイント!

 ●角質ケアで新しい肌を手に入れよう。

夏の紫外線による角質肥厚をそのままにしておくと、スキンケアの浸透が悪くなり、肌のキメが乱れ、肌のバリア機能も正常に働かなくなります。肌のターンオーバーの周期が乱れると、シミの原因であるメラニン色素が排出されにくくなります。そのため、角質ケアが秋のお手入れの一番の鍵となります。

 

肌のターンオーバーを整える角質ケアとしておすすめの成分は、フルーツ酸(クエン酸)です。フルーツ酸は肌の古い角質をやさしく取り除き、肌のターンオーバーをサポートします。比較的すぐに角質ケアの効果を実感できるため、まずは3~4日間の集中ケアとして取り入れるだけで十分な効果を実感できます。フルーツ酸は紫外線に弱いため、夜のみの使用がお勧めです。

 

●肌に充分な水分補給を

 気温の変化、湿度の低下による空気の乾燥、エアコンの空調、秋風…秋の肌は、急激に乾燥しやすくなります。乾燥による小じわを予防するためにも、しっかりと水分補給をしましょう。

まずは肌をうるおすための導入化粧水で、内側からしっかりと水分を補給します。

秋の肌は、角質も厚くなり、浸透力が下がっています。角質ケアを並行して行いつつ、水分が浸透しにくい時、特に乾燥が気になる時は、化粧水をたっぷり使用したコットンパックを行うことで、効果的にうるおいをチャージできます(コットンパックは、3~5分程度が目安です)。

 

●くすみをしっかりケア

 夏に浴びた紫外線によって肌がくすみがちな秋。
くすみケアとして、おすすめの有効成分はグラブリジン(甘草根エキス)です。

グラブリジンは、甘草の根の抽出物に含まれるフラボノイド(フェノール系)の成分で、チロシナーゼやTRP-2といったメラニンの生成に関わる酵素の働きを阻害することで、過剰なメラニンの生成を抑える働きがあります。そのため、色素沈着、抗炎症、ニキビ跡、肌を落ち着かせる、などの有用性があるとして知られています。

グラブリジンは比較的安全性が高く、敏感肌でも使える成分とされています。季節の変わり目で肌もゆらぎがちですが、グラブリジンで肌にやさしく透明感のある肌を取り戻しましょう。

肌目的に合った有効成分を取り入れたあとは、肌に親和性の高い成分の配合された、栄養と保湿効果に優れたクリームを選び、しっかりと保湿をしましょう。
特に乾燥肌は、よりリッチなテクスチャーで栄養分の高いクリームがお勧めです。

健康な肌をキープするためには、毎日のスキンケアがとても大切です。
秋のスキンケアルーティンをしっかり行い、夏のダメージ肌をケアして、透明感とうるおいのある美肌を取り戻しましょう。


By Lauren Mezière エタピュール日本公式サイト
公開日 2022年9月14日
1 minute
シェアする

前の記事
次の記事